スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

kilk records presents "虚弱。" release party


kilk records所属の女性4人組バンド、虚弱。のレコ発に行ってきました。

新代田FEVERは満員御礼。そんな中、緩くもタイトなライヴを見せてくれました。今まで、あまりMCを聞いたことがなかったのですが、4人の色がそれぞれあって、それが伝わってくるMCでした。ドラムの子がリーダー的な存在、ベースの子がツンデレ的存在、ギターの子はゆるふわ、キーボードの子はアイドル的存在。それに対して、演奏はタイトで、虚弱。の世界観に一瞬で空気を変えてしまうところは流石だなと思いました。渋谷WWWでワンマンが決まっているので、クラブ向きの音響施設の中、どのような演奏をしてくれるのか、今から楽しみです。



BiSのライヴも、相変わらずすごかったです。初めて観たであろうお客さんも、熱心なファンと一緒に踊ったりして楽しんでいました。ステージ手前で見ていたのですが、BiSの3人のステージにかける気持ちは、本当に学ぶことが多いなと思いました。お客さんをどれだけ巻き込んで楽しい空間を作れるか。エンターテイメントに徹する彼女たちの意識がちゃんと伝わってきました。特に、僕はテラシマユフさんの笑顔にやられました。ステージ上で一点の曇りもない笑顔でずっといる彼女。言い訳もなく、自分中心にもならず、BiSという夢をちゃんと作っている姿に気持ちが惹かれないわけがないです。



別に、バンドもそうあるべきとは言いません。逆に、彼女たちがやっていることを否定することもないと思います。なぜなら、それぞれ向かっている先が違っているのだから。BiSは多くの人たちに知ってもらうために、アイドルとして成功するために、全力でやっている。多くの人に自分たちを知ってもらいたい、聞いてほしいというのであれば、BiSから学ぶことはとても多いと思うのです。でも、作品を作ることや、自分たちのやっていることが結果的に多くの人に伝わればいいというのであれば、それはそれに適したやり方があると思います。

1つだけ言えるのは、音楽を作っているだけで売れないのを人のせいにしているのは、ものすごく後ろ向きで格好悪いということです。まずは、自分たちが何を目指しているのか、そこに向かい合うことが、アーティストを成長させていくのだなあとBiSのステージを見ていて思いました。それがわかっていない限り、大きな進展はないのではないか、僕はそう思います。よっぽど才能のある1部の人は、それでも発掘されていくだろうけど、ある程度自分を客観視できているような人は、自分と向い合うことが大切なことではないでしょうか。


スポンサーサイト

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • 08:29
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

StoryWriter Vol.6

STORYWRITER vol.6

StoryWriter vol.2

StoryWriter vol.3

StoryWriter vol.4

人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM