スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ダンボール・バット『馬鹿ヌーヴェルヴァーグ』


デヴィッド・ボウイ、ゲンズブール、沢田研二らを師と仰ぐ、無国籍ロック集団・ダンボール・バットの最新作『馬鹿ヌーヴェルヴァーグ』についてレビューを書きました。

本文中にも書いていますが、フロントマンであるAMIさんの文章は本当におもしろいです。『Play for Japan 2012』のコメントも一際目を惹く文章で、担当していた僕はメールでそのことに触れて返信をしました。すっきりした文章が求められる社会において、その本質である“分かりやすい”という要望に応えつつ、文学的な匂いもする、ねっちょりした文章を書ける人は本当に才能がある人だと思います。ともすれば、読むのがイヤになってしまいそうなのに、スラスラ読めるのは、文章のリズムがいいからなのでしょう。さすが、ミュージシャンですね。

はっ、そうか!僕も音楽をやればいいんだ!…その短絡的思考が、僕の限界値を示していますね。残念賞。ということで、AMIさんの文章、そしてダンボールバットの音楽を味わってみてくださいね。

スポンサーサイト

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • 09:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

StoryWriter Vol.6

STORYWRITER vol.6

StoryWriter vol.2

StoryWriter vol.3

StoryWriter vol.4

人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM