スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

消えた文章はもどってこない

PCの状態が悪くて、書いていた記事が消えてしまった。みなさんも経験あるかもしれないけれど、これってけっこうなショックで、書く気力が失われてしまうことが多い。でも、そういうときに気がつくことってあって、それを何となく書いてみようかなと思います。

このブログは、『StoryWriter』を作り始めてから、宣伝の意味も込めて立ち上げたものだけど、なんだかんだ本編と関係なく続けている。そのときそのときのモードがあって、告知的な文章を書くこともあれば、パーソナルなことを書くこともある。それは気分次第なので、特に意図はなくて、ただただ書くというのが自分にとっての自浄行為として作用しているところが大きい。

よしもとばななが、一日書くことを休んだら、1週間分くらい後退してしまうから毎日机に座ることだけは忘れない、みたいなことを何かの本で言っていた(記憶が違っていたらごめんなさい)。いまは、それがとてもわかるような気がする。1日1日の継続は、じわじわと血肉になって返ってくるんだけれど、それが失われるのはあっという間なのかもしれない、と。とくに、先天的な才能があるわけでなく、コツコツやることでしか血肉化できない僕のような人間には、コツコツが増えれば増えるほど、失われることがとても恐くなってきて仕方ない。こんなに時間をかけて作ってきたのに、一瞬でなくなってしまうのかい、と。

そんな偉そうなことを言いながら、今年に入って大してブログを書いていなかったのだけど、ここ最近になって毎日書くようになった。それは『StoryWriter』Vol.7を出すから、というのもあるけど、それはそんなに大きな理由じゃなくて、単純にいうと、読んでくれる人がいるから、というのが大きい。昔は、つっぱっていたけど、自分の生み出したものに対して何かしらリアクションしてくれるのは、本当に嬉しいことだ。いい意見も悪い意見も、ありがたい。

そして、決定的な出来事は、ことばをとても大切にしている人に出会ったことだ。ひとつひとつの言葉に真剣に向かい合い、ときに悩み苦しみながらも、あきらめることや妥協することなく、正直に作品を生み出そうとしている。その姿勢からは学ぶことがとても多い。そして、その作品を聴くのはとても心がふるえる時間でもある。

ぼくは一つ一つの言葉を大切にできているだろうか。それを考えているうちに、文章を書きたくなってくる。本当に人との出会いや関係って大切だ。今回のブログで書こうとしていたことは全然違うことだったけど、消えてしまったおかげで、いろいろ思っていることをかけた。こういうこともあるんだなあ。さすがにこの文章が消えてしまったら、今日のブログは書かないだろうけど…。



スポンサーサイト

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • 10:12
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

StoryWriter Vol.6

STORYWRITER vol.6

StoryWriter vol.2

StoryWriter vol.3

StoryWriter vol.4

人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM